コンシダーマルの効果と成分

コンシダーマルでらくちんスキンケア




コンシダーマルはエイジングケア成分とうるおいケア成分、そして栄養ケア成分の3つの構成で肌のポテンシャルを引き出し若々しさを実現するオールインワンのスキンケアです。コンシダーマルはオールインワンなので、コンシダーマル1本ですべてのスキンケアが完了します。目的別のスキンケア用品を使っていて毎日のケアが面倒だと感じたことはありませんか?あるいは、複数のスキンケア美容液を同時に使うと肌荒れになってしまうということはありませんか?コンシダーマルには保湿成分、美容成分がすべて一本でできてしまうのでケア自体が非常に簡単ですし、肌トラブルもグッと減ったという声が多数届いています。

コンシダーマルの口コミからわかった効果

コンシダーマルを使ってどんなことが変わったか?





「30才を過ぎた頃からしっかり保湿しても昼頃になるとカサカサになってしまうようになって、様々なスキンケアを試していました。そんなときに口コミを見て出会ったのがコンシダーマル。1本だけで本当にうるおうのか不安でしたが、続けてみたら肌が生き生きとして元気になってきたんです。使いはじめてから約2年がたちますが、友達からも「肌の調子が良いね」言われます。





「丁寧に手のひらで頬を抑え込み、コンシダーマルをなじませるとそれだけで頬の毛穴が気にならなくなったんです。日中の脂浮きも気にならなくなり、キメが整って肌がワントーン明るくなった気がします。コンシダーマルと出会って1年半になりますが、ずっと使い続けたいアイテムです。

「コンシダーマルはベタベタにならず、肌にしっとり浸透しているような使い心地で私にピッタリでした。おかげで、できものもできなくなり化粧ノリも良くなりました。これ1本で完結できるのもうれしいポイントです。」

コンシダーマルの何がいいの?

コンシダーマルを使った人のコメントを見ると、「肌のトーンが明るくなった」「化粧ノリがよくなった」「肌の乾燥がなくなりうるおいが続く」といった効果が並びます。コンシダーマルのこれらの効果に影響を与えている成分にはどんなものがあるのでしょうか?


コンシダーマルのエイジングケア成分


エイジングケア成分として様々な美容液に使われているプラセンタ。コンシダーマルには2種類のプラセンタが配合されています。豊富なアミノ酸を含むプラセンタをダブルで配合することで年齢肌の悩みに応え若々しい肌へ導きます。


コンシダーマルのうるおいケア成分


若々しい肌の実現にはうるおいが欠かせません。コンシダーマルにはセラミド、ヒアルロン酸、スクワラン、エラスチン、ホホバ種子油の5つの潤い成分を配合しています。肌表面と角質層内部をみずみずしく保ちます。


コンシダーマルの栄養ケア成分


年齢とともに大きく失われてしまう栄養成分にセラミド、コラーゲン、エラスチンが挙げられます。これらの栄養成分は20代のころとくらべると、40代では半分近くにまで減ってしまうものもあります。若々しい肌をたもつにはこれらの成分をうまく補ってやる必要があります。コンシダーマルには年齢とともに不足しがちな栄養ケア成分を肌へと届け、肌が健やかなターンオーバーを繰り返すように促します。特にエラスチンとコラーゲンは肌の弾力に強く関係し、セラミドは肌の角質層における重要な保湿成分として注目を浴びています。

コンシダーマルの新技術「ラメラテクノロジー」

どんなに効果的な美容成分も必要なところに届かなければ美しい肌は実現しません。ヒトの表皮は肌の水分が外に逃げてしまわないように油膜と水分を含む層とが交互に構成されています。これをラメラ構造と読んでいます。




ラメラ構造は水分と油分がまるでミルフィーユ状に交互に重なって規則正しく並んだ状態になっています。ラメラ構造がしっかりしていると肌内部の水分はしっかりと保持され、ハリとツヤのある肌を実現します。また、外からの有害な刺激である紫外線などを強くシャットアウトしますので、肌が傷つきにくくなります。



コンシダーマルのラメラテクノロジーは美容液自体をラメラ構造にすることで肌への浸透性を強くすることに成功しました。肌の角質細胞にある構造と同じものが美容液になっているなんてすごいですね。自分と同じ構造のものなので肌も異物と判断せずに親和性が高まるということなのかもしれません。



ラメラ構造の乱れをコンシダーマルが整える





年齢による肌のくすみやシミ、しわといった現象は肌の一番外側にあるラメラ構造が崩れていることが主だった原因となっています。図のようにラメラ構造が崩れると肌の水分は蒸発し外からの有害な刺激が肌の内部にまで入って肌を内側から破壊します。有害な刺激には紫外線がありますが、他にも空気中に存在する菌類も防護機能が落ちた肌には有害です。コンシダーマルでは独自技術である「ラメラテクノロジー」で美容成分をしっかり浸透させ肌のラメラ構造を整える働きをします。保湿とラメラ構造の補修を行った後はラップ効果により繰り返し肌の内部で美容成分を対流させ修復していきます。



コンシダーマルはナノサイズで浸透力抜群


肌に有効な美容成分は以前から知られていましたが、これを肌の適切な箇所に届けるのはなかなか難しいことでした。保湿は水分を補充しても肌の油膜に阻まれてなかなか肌の奥にまでは届きませんでした。コンシダーマルでは肌と同じ構造の美容成分にすることでそれを解消しています。さらに美容成分のナノ化に成功。一般的な化粧品の10分の1以下の大きさの分子構造にすることで肌への浸透性をグッと引き上げました。

夏場も使える保湿 コンシダーマル




保湿が大事と言われるスキンケアですが、冬場の乾燥時期はいいとしても夏場も使用に耐えるスキンケア用品というのはなかなかありません。夏場は湿度が高いので保湿液を使うとべとつきが気になりますよね。コンシダーマルはつけた瞬間にスーッとなじむのが特長。うるおっているのにベタつきがないから一年を通して気持ちよく使えます。

「肌にすーっと入りますね。つけたすぐ後の肌は乳液をぬった後のような感じです。使いつづけていくと浸透力の良さに感動します。最初は、これは乳液っぽいのであまり肌は潤わないんじゃないかとかなにか追加しないと乾燥しそう、なんて思っていたのですがしっかりと潤ってくれました。
暑い夏だからこそ、テクスチャはさっぱりめ、でも潤い感はこっくりと変わらないというところがとても気に入りました。乾燥が気になるところは重ねづけしてみると翌日にいい感じ潤い感のある肌になります。」

コンシダーマルはリニューアルをしてから口コミも好意的なものが圧倒的に多くなりました。新しいコンシダーマルを試すならこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コンシダーマルは無添加




スキンケア用品を使っていると問題になるのが添加物。毎日肌につけるものだからこそ使われている添加物には気をつけたいところです。コンシダーマルでは肌の負担になりやすい成分を5つ排除しました。無香料・無鉱物油・無着色・パラベンフリー・アルコールフリー
さらに、安全に関する研究・テスト・検証を重ね、誰もが使い続けられるスキンケアをコンシダーマルは目指しています。
パッチテスト済
アレルギーテスト済み
スティンギングテスト済み


コンシダーマルのスティンギングテストとは?



敏感肌の人は特に気になるこれらのテストですが、パッチテストやアレルギーテストは聞いたことがあっても、スティンギングテストというのは初耳かもしれません。スティンギングテストとはコンシダーマルを始めとした化粧品を使用したときに感じるピリピリ感やチクチクする感じ、ムズムズする感じをチェックします。パッチテストでは24時間〜48時間ほど化粧品を腕や太ももの内側など肌の敏感な箇所に付け放置して赤いぶつぶつやかゆみ・かぶれなどができるかどうかを判断するテストです。スティンギングテストは見た目に異常な症状が出るかどうかを判断するだけでなく、見た目がなんともなくても刺激があるかどうかを判定するテストですから、パッチテストよりも厳しいテストと言えるかもしれません。3つのテストを通過したコンシダーマルであれば、敏感肌の人も安心して使えそうですね。

オールインワンのコンシダーマル 使い方は?




コンシダーマルは美容液、化粧水、保湿、有効成分を内側に封じ込めるパッキングの働きを一本にまとめたオールインワンタイプのスキンケアです。オールインワンといえ、いい加減な使い方では効果は半減しますから、しっかり用法容量を守ってコンシダーマルを使ってくださいね。


コンシダーマル雑誌掲載情報

コンシダーマルは以下の有名女性雑誌に何度も掲載されています。



コンシダーマル どれくらいで効果を実感できそう?

コンシダーマルに限らずいわゆるスキンケア用品はある程度の期間使わないとその効果はなかなか体感できるものではありません。だいたいどのくらいでコンシダーマルの効果を体感できるか、ひとつのモデルがありますので参考になさってください。




コンシダーマルの使用モデルでは、1ヶ月くらいで化粧ノリがよくなったり、潤っている感じがしてきたりすることが多いようです。肌の細胞は入れ替わるという話は聞いたことがあると思います。だいたいどのくらいの周期で入れ替わるものなのでしょうか。肌の細胞は1ヶ月ほどで入れ替わるとされています。しかし、1ヶ月ですべての細胞が入れ替わるわけではありません。肌のケアということに限定して言えば、1ヶ月くらいで目に見えた効果がはっきりわかるようになるのはかなり難しいと言えます。

ヤフー知恵袋でこんな投稿を見つけました。




エステは他の人の力を使ってスキンケアを行うわけですが、それでも改善を体感できるまでに半年〜1年かかるんです。エステの場合は週3回、半年それを続けるとなれば相当な金額が予想されますが、コンシダーマルでのケアは1ヶ月5,000円程度ですからだいぶ安くあがりますね。コンシダーマルを使ってみる場合はその効果の有無をしっかり見極めるためにも半年くらいは継続して使ってみたいものです。



コンシダーマルを使って肌に異常を感じたら?


コンシダーマルの効果を体感するまでに最低でも3ヶ月、理想は半年〜1年と書きましたが、もちろん肌に合わないと感じたら使用を中止しましょう。肌に異常が現れているのに無理してがんばってコンシダーマルを使い続ける必要はありません?コンシダーマルはパッチテスト、アレルギーテスト、スティンギングテストの3つをクリアしていますが、それでも完璧なスキンケア用品ではありませんから(完璧なスキンケア商品などありませんが)、肌に合わないということは起こり得ます。


肌の異常を感じて、これ以上コンシダーマルを使い続けられないと判断した場合、コンシダーマルの解約を申し出てください。コンシダーマルは定期購入すると大幅な割引が受けられますが、いつでも解約が可能です(ただし1本めの申し込みと同時に定期購入の解約は不可)。もしくは、一旦コンシダーマルの使用を中止すると同時にコンシダーマルの定期購入をお休みして皮膚科などを受診し皮膚の異常の原因をはっきりさせたのちコンシダーマルの定期購入を継続するか退会するか選択するのがよろしいかと思います。

コンシダーマルの購入方法

コンシダーマルを購入する際はカード決済が便利です。カード決済を選ぶと毎回のお支払の手間が省けますし、支払い方法を毎回確認する必要がありません。何もしなくても決められた日に毎月コンシダーマルが届けられます。

コンシダーマルが余ってしまったら?


コンシダーマルは使用容量を守っていたら余ることはありませんが、余ってしまった場合は次の購入を休止するといった注文もできます。次の商品が送られてくる10日前までにお電話や問い合わせフォームから休止を申し出て下さい。

 

サイトマップ